麻を中心とした生地を企画・製造・販売。国内生産にこだわった上質な生地をぜひ日常の中でお役立てください。

リネン、ラミー、ヘンプ、それぞれの特徴

リネン、ラミー、ヘンプそれぞれの特徴

タケミクロスで扱う麻生地はリネン、ラミー、ヘンプの3つになります。他にもリネンとラミーを合わせたラミーリネンや、リネンとウールを合わせたリネンウールなど他の繊維と合わせた生地もございます。ここでは簡単にではありますが、リネン、ラミー、ヘンプ、それぞれの特徴をご案内いたします。
(画像クリックでそれぞれのカテゴリーに行きます)

タケミクロス リネンカテゴリー
服地の中でも最も古い時代より人々に愛されてきた天然繊維のリネン(亜麻)。タケミクロスでは主にヨーロッパ(フランス、ベルギー)の上質なリネンを使い、国内で織りあげております。リネン生地には以下のような特徴があります。
  • 水分の吸収、発散性に優れているため汗ばむ季節にも快適です。
  • 防カビ性があり、雑菌の繁殖を抑制するため臭いなども抑えます。
  • 汚れが落ちやすく衛生的で洗濯に強く、洗うごとに柔らかくなります。
  • 繊維の中に空気が含まれるため天然のサーモスタットとなり、夏は爽やかに、冬は保温して温かく、季節を問わずお使いいただけます。
タケミクロス ラミーカテゴリー
縄文初期や弥生時代の遺跡から発見された古い歴史を持つ天然繊維のラミー(苧麻)。ラミーは主に熱帯地方で栽培されていますが最近では栽培量が減少し、ラミー糸の希少性は上がっています。特に超細番手のラミー生地は高級生地として扱われています。タケミクロスでは上質なラミー糸を使い、国内で織りあげております。ラミー生地には以下のような特徴があります。
  • 天然繊維の中でも吸湿・速乾性に優れているため汗ばんでも肌に密着せず、快適性を維持することが出来ます。
  • 艶やかな美しい光沢があり、張り、コシに優れています。
  • 天然繊維の中でもっとも強度が高く、水に濡れるとより強度が増すため、高温高圧の洗濯にも耐え、繰り返し使用する衣料に向いています。
タケミクロス ヘンプカテゴリー
縄文前期の貝塚から発見された古い歴史を持つ天然繊維のヘンプ(大麻)。日本では古くから「麻」といえば「大麻」を指すことが多く、しめ縄や神社での神事に用いられてきました。戦後の大麻取締法により大麻栽培は免許が必要となり、国内での生産量は減少しています。タケミクロスでは主にヨーロッパ産のヘンプ糸を仕入れ、地元遠州の職人が織り上げております。基本的にヘンプは硬く、衣類で「麻」とされるのはリネン(亜麻)とラミー(苧麻)で、ヘンプは指定外繊維になります。そのヘンプを柔らかく仕上げられるように技術が上がり、現在のように肌当たりの良いヘンプ生地も生産できるようになりました。ヘンプ生地には以下のような特徴があります。
  • 綿より強力と伸度は劣りますが、吸湿性と耐水性に優れています。
  • 自然な光沢があります。
  • 化学肥料や農薬を必要としないため、環境に優しいエコ素材です。