麻を中心とした生地を企画・製造・販売。国内生産にこだわった上質な生地をぜひ日常の中でお役立てください。

タケミクロスとは

TAKEMI CLOTH

日照時間が長く温暖な土地柄から綿の栽培が盛んだった遠州地方は、綿織物の産地として発展しました。1916年(大正5年)創業の機屋の孫として生まれた現社長は、綿織物が中心だった浜松で早くから麻に目をつけ、 何度も失敗を繰り返しては原料の良し悪しや専門的な技術を学び、1960年頃から本格的に麻織物に取り組み始めました。そして1989年(平成元年)に麻専門のテキスタイルメーカーとして株式会社タケミクロスを設立。

一本の糸から一枚の布へ。

質の良い原糸、職人による製織、加工。熟練の技術が活かされたこだわりある生地は日本をはじめ、世界のアパレルメーカーや建築資材など各方面の方々からご愛顧頂いております。
超細番手の繊細な生地から極太番手の趣深い生地まで、タケミクロスはこれからも伝統ある織り・染めの技術を活かした魅力ある生地作りに努めてまいります。
タケミクロスとは

戦後から大切に扱われているシャットル織機は今も現役で活躍しています。

タケミクロスとは

シャットル織機のヨコ糸準備をする職人。

タケミクロスとは

タテ糸一本につき一つずつ整然と並ぶドロッパー。
ドロッパ―とヘルド、そして筬、この三つを通す「経通し」は全て手作業で行います。

タケミクロスとは

ヨコ糸の管へ巻かれていく糸。

タケミクロスとは

使い込まれた職人の検反道具。

タケミクロスとは

染工場の作業風景。あちこちにバケツや計量カップが置かれています。

タケミクロスとは

十分に天日干しされ、リヤカーに積まれた生地。

タケミクロスとは

天日干しの風景。天候に左右されますが遠州の風を受け、趣深い生地になっていきます。

タケミクロスとは

タケミクロス外観。三角ののこぎり屋根は古くからの織物工場にヒントを得ました。

タケミクロスとは

タケミクロスの生地を実際に見て触れてご購入いただける実店舗「L&R」。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

実店舗「L&R」ご案内
OPEN 10:00〜15:00
CLOSE 水・土・日・祝日